ニューヨーク☆滞在日記~New York Diary~

junny.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:・・モントリオール・ケベック( 3 )

モントリオールとケベック・シティ

f0235849_391898.jpg

3日目、モントリオールの旧市街にある「ノートルダム大聖堂」へ。
チケットC$5を支払うと、すぐ脇にある小さな扉の入口を案内されました。

f0235849_1342721.jpg


コバルトブルーのライトに照らされて、正面には黄金の祭壇があり、左側には精巧に彫刻が施された螺旋階段がありました。モントリオール出身のセリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたことでも有名です。

f0235849_258633.jpg


f0235849_023991.jpg


後方には7000本のパイプをもつパイプオルガンがあり、定期的にコンサートが行われているそうです。音色を聴いてみたい。

f0235849_0304061.jpgf0235849_0334724.jpg










薄暗い中、たくさんのキャンドルの灯りが揺れていて、ステンドグラスも美しいです。


f0235849_0141323.jpgf0235849_017294.jpg










祭壇の両側から、奥にある黄金の教会へ続きます。こちらは木の温もりが感じられ、光も差し込み明るい教会でした。


f0235849_103687.jpgf0235849_14399.jpg











ノートルダム大聖堂から少し歩いたところにあるジャック・カルティエ広場とモントリオール市庁舎。旧市街の中心地です。周辺は石畳みの小さな道がいくつかあって、かわいらしい街並みが続いていました。

f0235849_3474745.jpgf0235849_3511624.jpg











ジャック・カルティエ広場から程近くにある「ノートルダム・ド・ボンスクール教会」は、「船乗りの教会」とも呼ばれ、天井には航海の安全を祈願した船の模型がたくさん下がっていました。

この日も気温が摂氏35℃くらい上がっていて暑い日でしたが、ふとNYの気温が気になり携帯電話を見てみると「最高気温106F」と表示されていました。摂氏41℃・・・? 後日、NYへ戻ってから友人に確認すると、本当に40℃を越える日だったよう。異常な猛暑です。

f0235849_410100.jpg

軽いランチで入ったお店「olive+gourmando」は、他店よりずいぶん賑わっていて、具がたっぷりのサンドウィッチやパニーニなどが人気でした。

f0235849_4551930.jpgf0235849_5143532.jpg









f0235849_5242014.jpg

宿泊したフェアモントの隣に建つ「世界の女王マリア大聖堂」。

ヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂を4分の1の大きさで模したと言う通り、正面の祭壇の上にある華やかなドームやブロンズの大天蓋など・・昔ヴァチカン市国で見た記憶のあるデザインです。こちらも十分大きい大聖堂でした。




今回の旅は避暑のつもりで来ましたが、強烈な猛暑と重なって少し夏バテしました。
[PR]
by jun_ny | 2011-07-22 00:30 | ・・モントリオール・ケベック

モントリオールとケベック・シティ

2日目、VIA鉄道に乗ってケベック・シティへ向かいました。
北米唯一の城塞都市で、世界遺産の街でもあるケベック・シティは、石造りの建物が連なる旧市街と、ケベック州議事堂がある新市街があり、さらに旧市街にはアッパータウンとロウアータウンがあります。街全体はそれほど広くないので、歩いてみると意外と分かりやすいのですが、とにかく坂が多い街でした。

f0235849_5565268.jpg

f0235849_6193642.jpgf0235849_611811.jpg











ケベック州議事堂。ケベック州の発展に貢献した人物の像がたくさん置かれています。

f0235849_6255265.jpgf0235849_6312642.jpg











街は城壁に囲まれていています。州議事堂近くにある石門のサン・ルイ門と城壁内の道。

f0235849_6421346.jpg

ケベックシティで人気というクレープのお店「オ・プチ・コワン・ブルトン」。
40種類ほどのクレープに種類があります。エビとアスパラのクレープ、ハムとアスパラのクレープ、メイプルバターとベリー類のデザートクレープなど注文しました。隣のお客さんのこんがり焼けたクレープと比べると色白な私のクレープ・・・少し柔らかい食感でした。。。


f0235849_725434.jpgf0235849_7284192.jpg











坂の上にある「ノートルダム大聖堂」。正面に見える黄金の祭壇が輝いていました。


f0235849_7325229.jpg

今度は下り道を歩いて、たどり着いたのが「首折れ階段」。落ちると首が折れそうということが名前の由来らしいです。

f0235849_7554489.jpg

ケベック・シティ発祥の地、ロワイヤル広場。「勝利のノートルダム教会」があります。

f0235849_824537.jpg

対岸のレヴィ行きフェリーに乗って、ケベックの街並みを一望できます。フェリーは片道10~15分くらいで気軽に乗れるのでおすすめです。
城壁に囲まれた高台に建つ、街の象徴でもあるホテル「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」。
見上げてみたら塔が工事中・・・覆われている部分に絵が描いてありました・・(苦笑)

f0235849_8113787.jpgf0235849_12574936.jpg











北米最古の繁華街といわれるプチ・シャンプラン地区。石畳みの細い道の両側にはカフェやおみやげやさんが並んでいてかわいらしい街でした。珍しい「うさぎ注意?」の看板。

f0235849_12533321.jpgf0235849_1352245.jpg











アッパータウンとロウアータウンを結ぶケーブルカー「フニキュレール」。
傾斜45度を往復しています。ちょっとこわかったけれど、あっという間にアッパータウンへ移動できました。


f0235849_0481581.jpg

テラス・デュフランという遊歩道から見たフェアモント・ル・シャトー・フロントナック。
こちら側もしっかり布で覆われていました。ここにも大砲が並んでいます。

f0235849_1245447.jpg

カナダ最大の要塞、シタデル入口。星型の要塞のデザインはフランス式で、こちらも城壁のいたるところに大砲が備え付けてあります。セントローレンス川沿いの「総督の散歩道」といわれる小道を歩いて向かったのですが、散歩道にしては急な階段も多く、かなり歩きました。サン・ルイ門側から行く方が全然近かった。


f0235849_157265.jpgf0235849_285392.jpg











ダルム広場にあるユネスコの世界文化遺産オブジェ。

モントリオールへの帰り道、VIA鉄道の線路が一部壊れたらしく出発が遅れ、予定よりも2時間遅れて到着しました。
この日の夜は、コンシェルジュにレストランを紹介してもらっていたのですが予約時間に間に合わず、
サント・カトリーヌ通りで遅くまで営業していた「LES 3 BRASSEURS」へ行きました。
NYのブルックリンにあるブルックリン・ブリュワリーのように自家製ビールのお店で種類もたくさん。ビールはいつも以上に美味しかったです。
[PR]
by jun_ny | 2011-07-22 00:10 | ・・モントリオール・ケベック

モントリオールとケベック・シティ

モントリオールとケベックシティへ行ってきました。
旅行中の3日間、北米大陸の東部には熱波が来ていたらしく、NYより北に位置するモントリオールやケベックでも、観光には不向きなくらいの猛暑日となりました。

モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港から市内へは、空港バスに乗って20分程で到着します。今回宿泊したフェアモント・ザ・クイーン・エリザベスは少し古いホテルですが、街の中心にあってVIA鉄道の乗り場も近く、とても便利でした。

f0235849_2385375.jpgf0235849_23124492.jpg










f0235849_2311955.jpg
モントリオールの名物料理、スモークミート。スパイスに数日漬け込んで燻製にした柔らかいお肉がサンドされています。「シュワルツ」という老舗が一番有名なようですが、あまり時間もなかったのでホテル近くにある「ルーベンズ」へ。私達が入店した直後から混み合ってきて入口には長蛇の列ができていました。このボリューム!フライドポテトが山盛りで登場するのはカナダもアメリカも同じです。





到着日の午後は、郊外の観光地を中心に巡ることにしました。NYからモントリオールまでの飛行時間は1時間20分ですが、この日は航空会社の都合で当初予定より3時間近く遅れて到着したので、観光に使える時間も限られていました。

最初に向かった場所は、モントリオールの最高地点にある「聖ヨセフ礼拝堂」。
f0235849_5553598.jpg

f0235849_23423662.jpg

暑くて早くもバテ気味でしたが、遥か遠くに見える礼拝堂までは、シャトルバスに乗って行くことが出来ました。門を入ってすぐ右手に乗り場があります。

f0235849_6163566.jpg

信仰の力で多くの人の病気やケガを治したといわれ、入口を入って右手の部屋には壁に松葉杖がたくさん並んでいます、実際に治って歩けるようになった人々が奉納したもの。奥には教会もありました。

f0235849_6225526.jpgf0235849_083585.jpg









f0235849_06596.jpg




f0235849_0302330.jpg

次にオリンピック公園へ。モントリオール・オリンピックの会場跡地で、広大な敷地内にはスポーツ施設やモントリオール植物園、バイオドームなどがあります。

f0235849_0403845.jpg

公園のシンボルであるモントリオールタワーは、斜塔としては世界一の高さになるそうです。
f0235849_03324100.jpg



f0235849_047496.jpg

プラトー・モン・ロワイヤルからカルティエ・ラタンの街並みを散策。
サン・ルイ広場の周辺は、ビクトリア様式のテラスハウスが建ち並び、カフェやレストランがたくさんあるエリア。

それにしてもこの日は35℃を越えて街中が蒸し暑く、特にメトロはホームも車内も蒸し風呂状態でした。
モントリオールの街は、寒い冬でも地上に出ずに済むアンダー・グラウンド・シティと呼ばれる地下街があり、寒さへの対策は万全のようですが、暑さ対策はほとんど行われていない様子。

夜はチャイナタウンの人気店「京都飯店」で酸辣湯やソフトシェルクラブなどを食べました。モントリオールまで来てなぜチャイナ?と思いつつも、夏バテ気味の弱った体にお酢を使った料理が美味しく感じました。
f0235849_1348319.jpg


2日目へ続く。
[PR]
by jun_ny | 2011-07-22 00:06 | ・・モントリオール・ケベック
line

NYマンハッタンでの生活を時々綴っている思い出日記です。2012年8月からブログを引越しました。新しいブログは、http://ameblo.jp/junny1025/ です。引き続き、宜しくお願い致します☆


by jun_ny
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31