ニューヨーク☆滞在日記~New York Diary~

junny.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:・・カナディアンロッキー( 3 )

カナディアンロッキーの旅③

f0235849_38554.jpg

翌日、バンフ・スプリングスのバフェでのんびり朝食を取ってから、バンフのサルファー山へ向かいました。
ゴンドラに乗って標高2285mの展望台まで一気に上がります。
山と川に囲まれたバンフの町並み。

f0235849_3165633.jpg

駐車場の車が遥か遠くに小さく見えて恐い高さ。時々揺れます(泣)

f0235849_351767.jpg

頂上に到着すると、お隣の山頂へ歩いて行ける遊歩道があります。
向こう側の山頂に小さく見えるのは、気象観測所が再現されたサンソン・ピーク。

ここは標高が高くて夏でも肌寒いそうですが、この日は風もなく晴天でお散歩日和だったので、のんびりと道順通りに散策。

f0235849_3565832.jpg
f0235849_373178.jpg









360度見渡せる山の眺めが素晴らしいです。

f0235849_3261287.jpg
f0235849_36840.jpg

f0235849_33997.jpg

動き回っていたリスも食事中はおとなしくて写真が撮れました。

f0235849_4531137.jpg

キャンモアのパワースポット、three Sisters Mountainsを眺めながらカナナスキスカントリーまでドライブしたり、ジョンストン渓谷(Johnston Canyon)とキャッスル山(Castle Mountain)の方へ。

f0235849_541148.jpg

山道(route 1A)でとつぜん渋滞になったと思ったらシカさんが車道をのんびり横断中でした。
道行く人達は車を道の中央に堂々と停めて外に出て写真を撮っているので更に渋滞に・・・私もカメラを向けてみたらシカと目が合いました。

Johnston Canyonに到着。駐車場から遊歩道を1kmほど歩くと到着するLower Fallsと、更に1.6km先にあるUpper Fallsのふたつの滝が見どころ。

f0235849_516532.jpg

f0235849_5461459.jpg













最初は森林浴を楽しみながら・・後半は息切れしながら・・Upper Fallsまでたどり着きました。
観光客の皆さんも軽装だし、山登りというレベルではない道のりなのに、足がつらかった・・・いつも運動しているつもりだけど全然足りていないことを実感。。

f0235849_5592937.jpg


f0235849_66258.jpg















Johnston Canyonから車で10分程走ったところにあるCastle Mountain。

f0235849_623340.jpg

お城のような形をしているこの山は、インディアンの聖地=パワースポットだそうです。

夜は、バンフの和食「杉乃家」へ。ガイドブックでおすすめの一品、アルバータ牛ステーキのガーリックバターとポン酢ソース。日本人好みの味付けです。お寿司もいくつか注文して久しぶりの和食系。
NYにいるとあまり気にならないのですが、カナダへ来ると和食が食べたくなります...。
いい空気の中でのんびり健康的な旅になりました。
[PR]
by jun_ny | 2012-08-02 00:00 | ・・カナディアンロッキー

カナディアンロッキーの旅②

f0235849_645786.jpg


カナダを代表する風景というモレーン湖へ。
旧20カナダドル紙幣の図案になったカナダ有数の景勝地で、夏の間は混み合うと聞いたので朝一番で向かいました。

f0235849_6453971.jpg

ビクトリア山の間に巨大な氷河が見える神秘的なルイーズ湖。
町の名前にもなっているだけあって観光客も多かったです。

f0235849_646627.jpg

ルイーズ湖の目の前に建つホテル、フェアモント・シャトー・レイク・ルイーズのお庭では結婚式が始まるところでした。

f0235849_646398.jpg

レイク・ルイーズから30分ほど車を走らせて向かったヨーホー国立公園内にあるエメラルド湖。
風もなく穏やかな天気だったので、湖に逆さの山が映って最高の景色でした。
f0235849_6592634.jpg


f0235849_744067.jpg

エメラルド湖からの帰り道の途中で立ち寄った「ナチュラル・ブリッジ」。
ものすごい勢いで音を立てて水が流れ落ちていく様子が恐ろしくて遠巻きに見学。
立入禁止になっている橋の中央で高校生くらいのアメリカ人たちが遊んでいて危険!

f0235849_751398.jpg

こちらもヨーホー国立公園内にあるタカカウ滝(Takakkaw Falls)。
駐車場から滝のすぐ下までトレイルが延びていて、水しぶきを浴びながら歩いていきます。
滝に近寄り過ぎるとずぶ濡れに・・・激しく浴びた大量のマイナスイオン。

f0235849_71631.jpg

滞在中に宿泊したフェアモント・バンフ・スプリングスホテル。
せっかく素敵なホテルにしたのにほとんど外に出ていたのであまり意味がなかったけど、ホテル界隈にはお花が綺麗に飾られていて優雅な雰囲気のホテルだったのでバンフの良い思い出になりました。
f0235849_71922.jpgf0235849_5564424.jpg










夜は、アルバータ牛のお店「Bumper's The Beef House」へ。
Bumper’s Specialty 特選牛舎で厳選して育てられたというローストプライムリブを注文しました。

f0235849_138481.jpgf0235849_1534852.jpg










写真はレギュラーサイズの一人分。
21日間かけて熟成させたお肉はとても柔らかくて脂っこくなくて食べやすかったです。アメリカ生活が長くなってきたせいか、完食できそうな勢いだったけれど敢えて少しセーブしました...。


「Bumper's The Beef House」
http://www.bumpersinn.com/beefhouse.htm
[PR]
by jun_ny | 2012-08-01 00:17 | ・・カナディアンロッキー

カナディアン・ロッキーの旅 

7月下旬に行ったカナディアンロッキーの旅行記です。
寒いのが苦手な私にとってカナディアンロッキーを楽しめそうな期間は短くて、今回はちょうど良いシーズンに行けることになりました。
カルガリー空港までは飛行機に乗って約5時間で到着。NYとは時差が2時間あります。

空港到着後、レンタカーに乗ってカルガリーの町で遅めのランチをしてからレイク・ルイーズへ向かいました。
しばらく順調にドライブしていたのですが、バンフ付近で突如異常に激しい豪雨になり、前方が全く見えない状況に。その後、高速道路は通行止めになりました...。こういう時、個人旅行だと情報収集が大変です。

現地の人の話によると、13年ぶりの大規模な土砂崩れがあったそうです。土砂崩れの場所は私達が走っていた高速道路の少し先だったようなので、もしかしたら巻き込まれていたかも・・と思うと恐ろしい。

結局その日は通行止めが解除されず、宿泊地だったレイク・ルイーズの町へも行けなくなり、混雑が予想されるバンフで急きょホテル探しをすることに・・バンフ南のキャモアという町のラディソンをぎりぎりで予約できました。目的地へ行けなくなった車がバンフの至る所で大渋滞になっていたので無事宿が取れてよかったです。

そんな旅先での初ハプニングを経験しながら翌日は早速観光へ。

f0235849_10143846.jpgf0235849_10383327.jpg










カナディアンロッキーの中でも楽しみにしていたジャスパー国立公園内のコロンビア大氷原(Columbia Icefield)。アイスフィールド・センターで、Columbia Icefield Experienceに申し込みました。
バスと雪上車(スノーコーチ)を乗り継いで大氷河へ。

f0235849_10181397.jpgf0235849_6474347.jpg










総面積325k㎡に及ぶ巨大氷河の中の一つ、アサバスカ氷河へ。到着すると20分ほど自由時間があります。
クレバス(氷河の割れ目)が危険らしいので、歩いてよい範囲がきちんと示されています。

氷河から溶けだして勢い良く流れ出てくるお水は直接飲むことが出来るので、ペットボトル持参で早速試飲。
すごく冷たくて美味しかったです。一口飲むと10年若返るとか...。

Icefield観光後は更に北上する予定でしたが、来る時に道を間違えて時間をロスしたのでレイク・ルイーズ方面へ南下することにしました。
アイスフィールド・ハイウェイ沿いにある観光スポットへ立ち寄りながら下っていきます。

f0235849_1205354.jpg

すすり泣く壁(weeping wall)。
よく見ると岩から雪解け水が細く流れ落ちていて、その姿をすすり泣くと表現しているらしい。
高速を走っていると大きな岩山をたくさん見かけるので、「すすり泣く壁」を見つけられるのか心配でしたが、岩の前に車を停めるスペースがあって観光客がカメラを向けているので簡単に見つかりました。

f0235849_11555585.jpg

ペイトー湖。
駐車場からは高山植物がたくさん咲いている坂道を15分ほど歩きながら展望台まで上がります。

f0235849_131186.jpg

ボウ湖。
ボウ氷河から流れ出した水で出来た氷河湖で山間に氷河が見えます。のんびりした雰囲気の湖。

夕食は、20世紀初頭の駅舎を改装したログハウス「Lake Louise Station」へ。

f0235849_1114399.jpgf0235849_1121734.jpg










アルバータ州のポークチョップや、海老とマッシュルームのタパスっぽい一品など、いくつか注文。
予想通りカナダ的なソースが少し甘かったけれど、ポークチョップは柔らかいお肉でした。

「Lake Louise Station」
http://www.lakelouisestation.com/
[PR]
by jun_ny | 2012-07-31 00:12 | ・・カナディアンロッキー
line

NYマンハッタンでの生活を時々綴っている思い出日記です。2012年8月からブログを引越しました。新しいブログは、http://ameblo.jp/junny1025/ です。引き続き、宜しくお願い致します☆


by jun_ny
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30