ニューヨーク☆滞在日記~New York Diary~

junny.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ニューポートの町

f0235849_5515629.jpg

ケープコッドからニューヨークへ戻る途中、ニューポートへ立ち寄りました。

ロードアイランド州ニューポートは、19世紀後半から20世紀初めにかけて、ニューヨークを中心とする大富豪たちが夏の別荘を建てたリゾート地。ヨットの最高峰レース「アメリカズカップ」が開催された場所で、「国際テニスの殿堂」というビクトリアスタイルの建物もあります。

ニューポートでの観光のひとつとして、大西洋沿いに建てられた豪邸たち「Newport Mansions」の見学があるので、数多くある豪邸の中でも一番豪華な別荘といわれている「The Breakers」を見学しました。

f0235849_233381.jpgf0235849_323680.jpgf0235849_3523100.jpg










「ブレーカーズ」は、コーネリウス・バンダービルト2世が、汽船と鉄道で築き上げた祖父の財産で建てた別荘。
アメリカで「マンション」とは、このような豪邸のことを指すので、日本での使い方とはちょっと意味が違っています。
入口から入って正面奥に見えるお部屋が「グレートホール」。全ての壁と高い天井の装飾が豪華絢爛で圧倒されます。色々な方の寝室、ビリヤード室、音楽室、朝の間、朝食室、食器室、キッチンなど・・まるでお城の見学をしている感覚でした。お部屋は70部屋ほどあるそうです。各部屋には生花が飾られていて素敵でした。館内撮影禁止なのが残念。




f0235849_69563.jpgf0235849_6101970.jpgf0235849_6103874.jpg











「ローズクリフ」は、ハーマン・オーレックス夫人のために建てられた邸宅。女性好みの雰囲気です。
映画「トゥルー・ライズ」のボールルームとしても使われたそうで、何度か観た映画なので舞台を思い出したりしました。毎年フラワーショーが開催されたり、結婚式を挙げられる設備もあるそうです。
どの邸宅もお庭がとても広くて、お庭の先には大西洋が一面に広がっていて開放的でした。



f0235849_4555389.jpg

今回の旅の中で一番美味しかった「The Mooring」のロブスターとクラムチャウダー。
Steamed Lobsterは身がプリプリで、ロブスター本来の味が楽しめて美味しかったです。
二枚貝のCherrystonesは、マンハッタンで食べるものよりも更に肉厚で大きい。Oystersは、カナダやロングアイランドなど東海岸の牡蠣が中心で、日本の「Umami」という牡蠣もありました。

レストランのすぐ近くにあるボードウォークには他にもお店がたくさんありました。
The Black Pearl」というお店がとても賑わっていて人気店のようでした。機会があれば次回はこのお店に行ってみたいです。

ニューイングランド地方には行ってみたいエリアがまだたくさんありますが、今回訪れた町も本当に素敵で、
程良い自然の中でのんびり過ごせました。
[PR]
by jun_ny | 2012-05-31 00:20 | ・・ケープコッド&近郊

ナンタケット島へ

f0235849_13205262.jpg


ハイアニスから高速フェリーに1時間乗って、ナンタケット島へ行きました。
グレイレディと呼ばれるナンタケット島は、海沿いにもグレー色の家がたくさん並んでいます。

f0235849_3125231.jpg


f0235849_13353065.jpg

捕鯨産業で栄えたナンタケットの歴史を紹介してくれる「捕鯨博物館」。
捕鯨時代の船乗りさん達の技術から生まれたというナンタケットバスケットと共に捕鯨の歴史もナンタケット島を知る上で興味深いのですが、時間の関係で今回は隣接しているMuseum Shopだけ立ち寄ってみました。
こちらにも色々かわいい品がたくさんあって楽しいです。それと、Shopの向かいにあるお店「The Juice Bar」というアイスクリーム屋さんのアイスが美味しかったです。

f0235849_1251563.jpg


ナンタケットの中心地には、石畳の小道にもかわいい雑貨屋さんやお土産屋さんがたくさん並んでいて、見ているだけでも楽しい。色々と目移りしてしまって、もう少し時間があればよかったのにな~
「ナンタケット・ライトシップ・バスケット・ミュージアム」がお休みの日だったのが残念でしたが、街を歩いているとバスケットを売っているお店がたくさんありました。でも、本物のナンタケットバスケットのお店は少なかったような・・(^_^;)

f0235849_133324.jpg

f0235849_1393296.jpg














ブランチのお店の候補として最初に向かったのは「Black-Eyed Susan's
こじんまりとしたかわいいお店なのですが、相当待ちそうな混雑ぶりだったので、もう一軒紹介してもらったお店「Fog Island cafe」へ。こちらも順番待ちの人達がお店前のベンチに座っていて混み合っていましたが、20分くらい待って案内してもらえました。ブランチのつもりでいたのに、まだブレックファーストの時間帯でした。「SEASONAL FRESH FRUIT BOWL」、「FOG FISHCAKE BENEDICT」、「GARDEN OMELET」など注文。フィッシュケーキのベネディクトも美味しかったです。


f0235849_144647.jpg


食後にナンタケットタウンから徒歩15分程のところにある「ブラントポイント灯台(Brant Point Lighthouse)」へ向かいました。途中で見かけたかわいらしいナンタケットバスケット柄の車。ここは「White Elephant Brant Point Grill」という海辺にあるレストランと、併設しているホテルでした。

f0235849_1344390.jpg

f0235849_1354075.jpg















f0235849_1402325.jpg

f0235849_1405222.jpg


ブラントポイント灯台はナンタケット島の見どころの一つなので、中心地からの道のりにも観光客が多く、同じ方向へ向かって歩いて行きました。灯台の周辺も広いビーチになっていて、そよ風が気持ち良かったです。

ナンタケットですれ違う人達は皆さん親切で、笑顔が多い街でした。ちょっと立ち止まってお店の場所を考えている時に声をかけてくれて丁寧に案内してくれたファミリーも素敵な笑顔でした。心豊かな人達が多い上品な雰囲気のナンタケット島、また行ってみたい島です。
[PR]
by jun_ny | 2012-05-31 00:02 | ・・ケープコッド&近郊

ケープコッド旅行記

マサチューセッツ州南にある半島のケープコッドは、ジョン・F・ケネディの別荘があることでも有名な避暑地です。ケープコッド近くには、ナンタケット島やマーサス・ヴィニヤード島もあって、これからの季節は特に混み合うそうなので、本格的な夏になる前に行ってみました。

f0235849_8532930.jpg

NYのマンハッタンからケープコッド先端の町プロビンスタウンまでは予想以上に時間がかかって、ランチタイムも完全に過ぎた頃、ようやく到着。
The Lobster Pot」でロブスターやクラムチャウダー、牡蠣やマグロなど頂きました。入口は狭いけれど店内は結構広くて海がすぐ近くに見えます。この辺りは至る所にビーチがあるので、夏は混み合うという理由も分かります。小さな町ですが、メインストリートは色々お店があって賑やかでした。
もう少しゆっくり過ごしたかったけれど、ケープコッドの中心地ハイアニスへ移動しました。ジョン・F・ケネディの別荘があるところなので、ビーチ沿いにはメモリアルのレリーフがあって、メインストリート沿いにはジョン・F・ケネディ博物館もありました。天気が良いので町の散策も楽しい。ケープコッド・ポテトチップス工場にも行きたかったのに、土日と祝日はお休みでした・・・。

ハイアニスハーバー沿いにあるレストラン「Tugboats」は、カジュアルな雰囲気のシーフードのお店。クラムチャウダーやロブスターのラビオリなど注文しました。
f0235849_525610.jpg

Steamersの一品、地元のクラムは、二枚貝から取り出したクラムの薄皮を剥がしてブロスで洗ってブラウンバターソースで頂くという珍しくて美味しい貝でした。
f0235849_5221794.jpg


ジョン・F・ケネディお気に入りの海辺の町は、今の季節はゆっくり過ごせる雰囲気でした。渋滞にも負けずにがんばって来た甲斐がありました。(私は運転してませんが・・。)

f0235849_7403866.jpg

[PR]
by jun_ny | 2012-05-31 00:01 | ・・ケープコッド&近郊

「Wolfgang's Steakhouse」と「Peter Luger Steak House」でステーキ三昧

f0235849_23201924.jpg


久しぶりにニューヨークステーキを食べに行きました。
日本から到着したばかりの義兄さんと3人で夕方「Wolfgang's Steakhouse(ウルフギャングス・ステーキハウス)」へ。老舗ステーキハウス「ピータールーガー」で40年以上勤めて独立したウルフギャングさんのお店です。次の予定の都合でMidtown店へ。店内へ入ると壁一面にたくさんの写真が飾られていて、小泉元首相の写真も飾られていました。

前菜でクラムを頂きながらしばらく待っていると、焼きたてのステーキが運ばれてきました。肉汁を傾けるためにお皿を斜めにセットするので、大量の肉汁が音を立てながら傾いた方向へ流れていくのが迫力あります。

28日間熟成させたドライエイジドビーフに、この肉汁をたっぷりかけていただきます。久しぶりのNYステーキ、ジューシーで美味しかった。

f0235849_2341118.jpg


ニューヨークで人気No1と言われる有名老舗ステーキハウス「Peter Luger Steak House(ピータールーガー・ステーキ・ハウス)」に偶然予約が取れて、義兄さんの帰国前夜に行くことになりました。
NYに住んでいても1週間で2度もNYステーキを食べるのなんて初めてですが、なかなか予約が取れないお店としても有名なのでラッキーでした。久しぶりのピータールーガー。
お店に到着するとバーカウンターはまたすごい熱気で、ビール片手に案内されるのを待ちます。
カウンターの壁一面にはミシュランやザガットのプラックが更に増えていて、昨年の分も飾られていました。

前菜で定番の「輪切りトマトとオニオン」は、シンプルにトマトと玉ねぎが厚めにスライスされただけの一品ですが、甘さが凝縮されたトマトは美味しいし、オニオンも辛くなく絶妙なさっぱり感。ピータールーガーのオリジナルソースをかけて頂きます。

クリームドスピナッチと同時に登場したピータールーガーのPrime Beef。
やっぱりすごい迫力ですが、厳しく選別された最高級のお肉の表面はカリっと焼けていて中は柔らかくてジューシーで、とても美味しかったです~!
義兄さんも喜んでくれたようだし、私たちにとってもよい思い出になりました。


「Wolfgang’s Steakhouse」
http://www.wolfgangssteakhouse.net/

「Peter Luger Steak House」
http://www.peterluger.com/
[PR]
by jun_ny | 2012-05-05 00:17 | ・・アメリカン

「Ed's Lobster Bar」でランチ

f0235849_5262698.jpg


ロウアー・マンハッタンで用事を済ませた後、ロブスターロールで有名なソーホーのエドズへ向かいました。
ランチタイムには少し早い時間だったので、すぐ席へ案内してもらえました。

注文はもちろんロブスターロール。マーケットプライスなので日によって価格が変わるのですが、この日は$27でした。(TaxとTipは含まず) サイドはヘルシーにサラダを選ぼうと思っていたのに、やっぱりフレンチフライに・・そしてほぼ完食。

f0235849_5311725.jpg

プリプリで新鮮なロブスターはとっても美味しくて、疲れも吹き飛びました。

この日は朝から「N.Y.State Court House(ニューヨーク州裁判所)」へ行き、Jury Summonsの手続き(日本人なので陪審員は出来ないことを伝える手続き)をしました。インターネットで手続き出来る期間を過ぎてしまったのは自分のせいなので仕方ないけど結構疲れました~


「Ed's Lobster Bar」
http://www.lobsterbarnyc.com/
[PR]
by jun_ny | 2012-05-01 00:10 | ・・アメリカン
line

NYマンハッタンでの生活を時々綴っている思い出日記です。2012年8月からブログを引越しました。新しいブログは、http://ameblo.jp/junny1025/ です。引き続き、宜しくお願い致します☆


by jun_ny
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31